BLOG / ブログ

三大栄養素 脂質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちわ!

 

keep  fit富田林店パーソナルトレーナー飯田晃人です!!

 

トップ

 

今日は三大栄養素の脂質質についてお話したいと思います!

脂質?聞いたことはあるけどあまりよく知らないといった方が

とても多いです。

脂質とは

油、バター、マーガリン、マヨネーズ、チーズなどの事です。

脂質は体内で1gあたり9kcalとなり、三大栄養素のうち最も高いエネルギーになります。脂質には体の中でつくることができない必須脂肪酸が含まれており、体の細胞膜の成分やホルモンの材料などになっています。

 

脂質が不足すると

生活習慣病が社会問題となっており、食事の量が少なくなりがちな高齢者の場合は、脂質の摂取量が不足すると、エネルギーが不足して疲れやすくなったり、体の抵抗力が低下したりする可能性があります。

 

ダイエット

理想の体型に近づくためには、脂質や糖質を摂り過ぎないよう注意する必要があります。
まずはご自身の食事において、過剰摂取しすぎていないかどうかをチェックしてみましょう。

・外食することが多い
・炭水化物中心の食事をとることが多い
・野菜をほとんど食べない
・魚よりも肉を食べる割合のほうが多い
・濃い味付けの料理が好き
・揚げ物が好き
・間食をとることが多い
・夜遅い時間に食べることが多い
・食事の時間が短い
・甘いものをどうして食べてしまう

どうでしょうか?

当てはまった数が多ければ多いほど、脂質や糖質を摂り過ぎている可能性があります。

肥満傾向の人は、脂肪として蓄えられて肥満になるほか、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞、脳出血、動脈硬化、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病を引き起こす可能性があるので気をつけてください。

脂質の1日における推奨摂取量は、男女ともに20%以上30%未満と言われています。
1日の総摂取エネルギーが2,000kcalの場合、20~30%に相当するエネルギーは400~600 kcalとなります。脂質が1gあたり約9kcalなので、400~600 kcalをグラムに換算すると44~66gです。
脂肪エネルギー比率が30%以上の人の割合が、男女ともに増加傾向にになりやすくなります。
一度、自分自身の食事を見直しながらカロリー計算などしてみてはどうでしょうか?
パーソナルトレーニング体験キャンペーン
宣伝になりますが、体験トレーニングおやすくなっております。
ダイエット、健康維持、筋力アップなど興味のある方お問い合わせください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
trico
電話でのお問合せ